大宮の歴史

大宮は、氷川神社という昔からある神社のおひざ元として栄えた町です。2000年以上の歴史を持つと言われ、「大宮」という町の名前はここから来ていると言われています。そんな氷川神社のおひざもとである大宮ですが、明治維新以降にはかなり衰退しており、一時は住んでいる人もかなりまばらな状態となってしまったといいます。

 

ですが、そんな大宮に転機が訪れたのは東北本線が敷かれるとき。この起点として候補に挙がったひとつが、大宮でした。結局、その誘致に成功し、大宮は交通の要衝としてふたたびその地位を築くことになったのです。その後は鉄道の街として栄えることとなり、その他の鉄道が乗り入れることとなったり、駅前にはさまざまな店が開業したりと、勢いを取り戻すことになります。そして、その後、急速に都市化が発展し、大宮駅の周辺は商業の集積地として飛躍的に発展していくこととなります。こうして、大宮周辺のエリアとなっていきました。

 

こうして考えると、大宮の発展を考えるときに「鉄道」や「交通」は避けて通れないものであることがわかります。現代でも、その交通事情の良さから「住む場所」として選ばれることの多い大宮。大宮でのスポットのひとつに、「鉄道博物館」という場所がありますが、そんな大宮の歴史を少し感じ取れるスポットとなっています。大宮の歴史について知りたい方は、鉄道という面からアプローチしてみるのも、面白いのではないでしょうか。


大宮で遊ぶなら

大宮で高校生が遊ぶなら、まさにちょうどよい感じだと思います。というのも、都心にあるチェーン店やブランドなどは大宮のまわりのショッピング施設でも十分多いですし、ちょっとご飯を食べたり、カラオケなど暇つぶしをするにも事欠かないからです。大宮で高校生が遊ぶなら、行く場所はなんといっても駅周辺でしょう。漫画喫茶、ファーストフード、ボウリング・・・高校生が仲間同士で時間をつぶすには、ちょうど良い施設がそろっています。また、街の規模が大きすぎず、ちょうど良い感じの大きさなのも、高校生にぴったりと言えるのかもしれませんね。

 

大宮駅の周辺は、非常ににぎわいを見せている地区です。ロフトやルミネなど、若者が好んでいくようなお店も多く、実際に多くの高校生たちも歩いています。ブランドの洋服も、都心まで行かなくても買うことができます。町が広すぎないので、どこに何があるのかつかみやすいというのも良い点なのかもしれませんね。都心まで行くのはちょっと遠い、という地区でも、大宮なら気軽にアクセスでき、店も多いのでよく行く、という人は多いのではないでしょうか。大人の方ならデリヘル大宮でも遊べますよ。
ただ、大宮駅の周辺は、たいていの事は揃う割に、街の規模自体はそれほど大きくなく、少し駅から離れると住宅街が続いています。また、大宮駅ならでは、という町の特徴もそれほどありません。そのため、何度も繰り返し行き続けていると、ちょっと物足りなさを感じてくるかもしれませんね。