川越市について

蔵の町としても知られる埼玉県川越市は、埼玉県の南西部に位置しています。さいたま市、川口市に次ぐ人口は県内第三位を誇っています。川口市は、江戸時代に川越藩の城下町として栄えました。東京の「大江戸」に相対し、川越は「小江戸」とも呼ばれています。文化財の数も多く、歴史まちづくり法という法律に基づいて「歴史都市」として認定されています。これは埼玉県では川越市だけの認定です。

 

同様に蔵の街として知られる栃木県栃木市や、千葉県香取市と一緒に小江戸サミットを開くなど、観光面でも歴史を全面的に打ち出しています。学校環境も良く、私立の小中学校や高校、特別支援学校等もたくさん存在しています。ネームバリューの高い大学のキャンパスが川越にあることがポイントです。学生でにぎわう街ですので、若年層向けのアパートなどがたくさん物件としてあります。有名なのは、せんべいや芋料理が挙げられます。特にいも加工物は遠方に住む方がお取り寄せをするほど人気になっています。

 

川越の名産物は、芋料理やウナギのかば焼きが挙げられます。また地ビールもひそかな人気がありますよ。川越一番街と呼ばれる地域(旧市街地)はグッドデザイン賞の中のアーバンデザイン賞に輝くほどおしゃれな街なみです。「美しい日本の歴史的風土100選」にもこの蔵の町並みが指定されています。景観づくりも街ぐるみで行っていますので、常にキレイな街を保つことができているのもよいことですね。


川越の教育施設

埼玉県川越市には32の小学校・22の中学校があります。このほかにも高校・大学等の学校施設があります。公立がほとんどですが、大学付属の中高一貫校や私立の小学校・中学校・高校などもあります。また特別支援学校も存在しています。川越市にはこのほかにも幼稚園なども数多くありますので、教育環境には恵まれていると考えてよいでしょう。各小中学校では独自のホームページを設けているところがありますので学区内の小学校に関して調べてみると世でしょう。

 

川越には市立高校もあります。男女共学校で甲子園出場実績や春高バレーの関東大会出場などスポーツに力を入れているところが魅力です。川越市には特別支援学校も存在しています。各小学校・中学校では支援が必要な児童・生徒の受け入れも行っていますが、受け入れが難しかったり、特別なケアが必要な場合に特別支援学校への就学をすることがあるようです。特別支援学校への入学に関しては、教育委員会の窓口や民生相談、療育施設での相談をされるとよいでしょう。

 

川越市内には、各種専門学校も数多くあります、特に医療系の専門学校が多く、看護専門学校や理学療法士等の資格取得を目指す方、医歯薬系の大学を目指す方の進学ゼミも存在していますので、大学受験を目指す方や学校卒業後の進路を決めている方は川越の専門学校等を視野に入れるのもお勧めです。私立の小学校や中学校もありますのでお受験に力を入れたい方は幼稚園の早い段階からお受験に関して情報収集をしましょう。


川越のうわさ

川越には「まるひろ」というデパートがあり、週末には道路の一方通行規制事情から「まるひろ渋滞」が繰り広げられているんだって。川越は、朝の連続テレビ小説の舞台となった時にはかなり話題となったのですが、実は視聴率が低迷してたドラマだったため観光の起爆剤にならなかったのだとか。埼玉県内の某ハンバーガーショップの第一号店は川越だったらしいというのは都市伝説かもしれません。

 

以前は川越まつりは平日に行われていたそうで、祭り当日に学校に登校し出席確認だけを行い山車を引きに帰宅していたんだって。今では観光メインで川越まつりが行われるようになったので、平日に形だけの登校が認められるワクワク感が感じられなくなったという人もいるみたいですね。川越の人たちはなぜか東京の人たちよりも渋谷や原宿のファッションに詳しい等と揶揄されるようです。東武鉄道で乗り継ぎなしで東京都内に出られることが大きな魅力なんですって。近くにアウトレットモールも併設されている巨大商業施設があるのだけど、やはり東京都内という立地やネームバリューが大きな魅力となっているようですね。もし川越で夜遊びするなら風俗の川越デリヘルはいかがですか。

 

川越はかつて小江戸と呼ばれていた街で、江戸防衛の重要な都市だったとされています。川越の町並みには蔵造りの住宅等が多くありますが、実は景観を損なわないためやおみこし興業の邪魔にならないように電線等を地中に埋めているんですって。川越に来た際はぜひ確認してくださいね。そうそう。川越といえば、芋料理がメインと思われがちなのだけど、実際の芋料理は観光地向けのもので、自宅では世間一般と同様の食生活だという意見もあるようです。